2020年2月29日土曜日

長張城@小諸市大字柏木石峠

詳細不明。
「信濃の山城と館」に、「長野県の中世城館跡」記載の略図には堀形と曲輪らしい表記が東西150m、南北500mに散在して、そこからは城としての縄張りが見えてこないとし、唯一まとまりのあるのが「駒形神社」のところとしている。
筆者は「長野県の中世城館跡」記載の略図を見ていないので判断できないが、「駒形神社」のところを中核とする砦群という意味であろうか。
南方1㎞にある「柏木城」との関係が考えられ、西方には「松井愛宕山城」もある。また「駒形神社」から塩野牧との関係も示唆されるが伝承などは残っていないようである。

「駒形神社」のところは南北に細長い高地で、東側の公園は一段低いがそこを含めるとまとまりのある方形となる。
佐久方面の見通しもよいところだが、西側に用水が取り巻いて流れるので古道や水利に関わる小領主層の館のようにも思われる。

駒形神社参道。
境内。
参道を登った両側に土塁らしき盛土がある。
石碑群。
社殿。駒形の石が祀られている。
石祠。
社殿裏の土塁状盛土。
境内。
後世の手が入っているようである。

堀形と曲輪が散在するという北側方面。



2020、2月初訪

繰矢川城@小諸市乙女

「乙女」地籍、小海線乙女駅の北側が城跡とされ堀切の一部が残っている。

「小諸市誌」に、仮に繰矢川に近い位置にあるので「繰矢川城跡」と呼ぶことにするとあるが、「信州の山城と館」で宮坂氏は、強いて言えば「繰矢川乙女城」と呼ぶべきであろうとある。
確かに、名称が伝わっていないのなら地籍名から「乙女城」とするのが通例的であるのかもしれない。

「乙女」は「大遠見」からの転化であるとされるが、「乙女」地名のこの場所は高所というわけではなく、隣接する「糠塚山」は烽火台と伝承され非常に見晴らしが良かろうが「乙女山」とは呼ばれない。
1km北に「加増城」と「乙女城(大遠見城)」があり、この「乙女城」は高台にあり「加増城」の物見の砦と考えられているが、地名的な直接の関係はないように思える。
1km北東に「柏木城」があり「遠見平」と呼ばれる高台があるが、むしろ「柏木城」を流れる「乙女川」との関係が疑われる。
繰矢川城は「乙女川」と「繰矢川」に挟まれた台地の先端付近に築かれ、「柏木城」にとっては南の要衝ではないかと推察される。
また、東に隣接する四ツ谷地籍は大字柏木に含まれ、柏木氏の氏神という白山社(柏木南城そば)はもと四ツ谷地籍にあったという。
「乙女川」が先か「乙女地名」が先かはわからないが、「柏木城」「柏木氏」に関連が深いものと筆者は考える。

「信州の山城と館」でも、地形的に乙女川沿いであることなどから柏木城の南の守りかとしている。


「信州の山城と館」では、乙女川と繰矢川に挟まれた台地上の線路の北側、(1)を主郭とし、或は堀跡を挟んだ(2)、そして線路部分も堀切だった可能性から、(3)のところも郭だったかもしれないとしている。

(2)の北限がわからないし、東側も曖昧である。森山から繰矢川を渡ったという古い街道がどこを通ったかわからないが、接点があるとしたらこの辺か。
(1)と(2)の西側は乙女川の崖で、(3)の南側も繰矢川の谷が取り巻いている。
もしかしたら図示されていない線路の左側、繰矢川と乙女川が合流する西側の駐車場を含む一帯のところも城域だったかもしれない。

小海線乙女駅の北側が主郭(1)。
線路部分は(3)との堀切だったかも。
主郭(1)。

(1)と(2)の郭の東側。
いくらかの段差が古い街道の名残か。
(1)と(2)の郭の西側は乙女川の崖。

東側の(1)と(2)の間の堀跡。
西側の(1)と(2)の間の堀跡。

(2)の北端付近。

小海線乙女駅のすぐ南側は繰矢川の谷の淵で、その西側の小山が(3)。繰矢川の谷は(3)の南側をぐるりと取り巻いている。
郭(3)。一帯は遊歩道と東屋が建つ。
(3)の南側を取り巻く繰矢川の谷。
(3)の西側の駐車場付近。

この(1)と(3)の西側一帯、繰矢川と乙女川が合流するまでの、駐車場や線路のところも城域だったかもしれない。
(1)と(3)のの間の線路の西側の畑地。

乙女湖公園案内板。
糠塚山。


長野県佐久市岩村田本町オフィシャルサイト いわむらだ.こむ」に、「乙女」地名に関した昔話、繰矢川の淵に住むカメの精と美しい乙女が恋におちる悲話がある。





2020、2月初訪

大遠見城❨乙女城❩@小諸市大字加増船久保

里俗伝に往古乙女城という。そう「加増村誌」(明治十四年)にあるという。
「乙女」は「大遠見」からの転化であるとされ、この地域だけでも「大遠見」「遠見」と呼ばれる場所が三つあるという。柏木城に俗称「遠見平」、繰矢川城のある地名「乙女」、そして加増の「乙女城」❨大遠見城❩で、ほかにも小諸地域では小諸城二の丸の前身「乙女城」(乙女坂城)、芝生田城近くにも俗称「遠見」が見られるようである。

名前から察するように遠くを監視するのに適した立地で、近くの主城の物見の砦と考えられている。
「小諸市誌」では、或いは柏木城に所属し、柏木氏が平原氏に所属していた頃は平原城の西の最前線基地であったのではないかとする。
「信濃の山城と館」では、まず麓の加増城が考えられ、加増城は低地にあり見通しが良くないので設置された物見と考えられるが、加増城の主がはっきりしない為に大遠見城の所属も不明としている。
大雑把に推察すれば、古くは加増城に居住した豪族が設置したもの。或は後に加増城が柏木氏もしくは大井氏に所属して設置された物見といったところか。

「加増村誌」に、城主・年代不詳 、後佐藤上総介と云うもの居住せしと云う。とあるようだがいつの時代の人かわからない。

城域だが、台地最高所の南北150m、幅20m程の細長い畑地のところ、特に南端部付近を中心にしたところが物見に適したものと思われる。
「加増村誌」に記載記載されているという南北285間、東西220間という数値はともかく、東に本城あり、西に接してニの郭あり、四面空壕を巡らし、南に大手あり、北に搦手ありというのは鵜呑みにしないまでも無視はできない。
「東に本城」とは最高所南端部付近をいうのだろう。「西に接してニの郭」は最高所の細長い畑地の西に一段下がった民家と畑のあるところと思われるが、確かにまとまった平地である。「四面空壕を巡らし」だが、東下方の田切地形、西方にも窪地があり、南はわからないが北方にも窪地があり、そこからの推定城域は南北100m東西200mに及ぶことになる。
「信濃の山城と館」では、南端部を主郭部に、南に一段下がった畑のところをニの郭と暫定し、北方の堀形も城のものとは考えずらいとしている。
たしかに大遠見城を物見の為のものと限定したなら台地南端部付近で事足りるわけだが、城域かどうかはともかく、そういった立地上に大遠見城があることは考慮してもよいように思う。


東側斜面。
この場所には後述する「旭の鏡石」がある。

台地南端の主郭部付近。
主郭部。

二の郭。
二の郭側から主郭部を見る。
「加増村誌」の「南に大手あり」はここか。
二の郭から南に下がったところ。

台地の中心付近。

北方の堀形。
城域でないにしてもの北方守りではあろう。「加増村誌」の「北に搦手あり」もこの辺りか。

西に一段下がったところ、「加増村誌」でいう「ニの郭」の写真は撮り忘れた。


南端部の東側斜面には、里人が往古から「旭の鏡石」と呼ぶ、「小諸市誌」で言うところの円形石造物がある。
自然石に円形を浮き彫りにしたもので、春分・秋分の頃の日の出に正中すると言う。
同誌に新旧二つの鏡石があるとあるが、それらしいものが三つ確認できる。おそらく屋根の掛かった鏡石がオリジナルと思われる。
なぜこの場所にこのような石造物があるのかは謎である。

「旭の鏡石」オリジナルか。
第二の鏡石
第三の鏡石。




2020、2月初訪

長張城@小諸市大字柏木石峠

詳細不明。 「信濃の山城と館」に、「長野県の中世城館跡」記載の略図には堀形と曲輪らしい表記が東西150m、南北500mに散在して、そこからは城としての縄張りが見えてこないとし、唯一まとまりのあるのが「駒形神社」のところとしている。 筆者は「長野県の中世城館跡」記載の...